BEAMS JAPANで探す
“海外手みやげ”の新定番10選

これから渡航? 海外の友人たちに気の利いた手土産を持って行きたいなら、
空港に向かう前に、新宿の「ビームス ジャパン」でお買い物。


edit&text_Yukihisa Takei / photo_Taijyun Hiramoto

海外の友人に会いに行く時や、海外出張の際に「何か日本らしい、気の利いたお土産を持っていきたいかも」、そう頭をよぎったことはないでしょうか。とはいえ膨大なモノに溢れるこのニッポン、むしろ一体どこで何を選んでいいやらと考えている間に機上の人になってしまうことがほとんど。そんな「海外手土産迷子」さんに空港に行く前に立ち寄って欲しいのが、東京・新宿にある「BEAMS JAPAN(ビームス ジャパン)」です。

ここはご存知「ビームス」が、2016年春にコンセプト新たにリニューアルオープンした「日本」をテーマにした大型ストア。幅広いカテゴリーのコンテンツをキュレーションするプロジェクト、 BEAMS “TEAM JAPAN” の発信拠点にもなっています。地下1階から5階まで、「食」 「銘品」「ファッション」「コラボレーション」「カルチャー」「アート」「クラフト」とフロア分けされていて、おおよその目的に応じてモノ探しができるのもポイント。もちろんあてどなく全フロアを歩いてもラクに1時間は楽しめるスポットです。

今回はその「ビームス ジャパン」の協力のもと、“定番から新定番を探すメディア”『EVERMADE.』の視点で見つけた「海外手土産10選」をお届けです。

①「木彫りのクマ」と見せかけて?

1F「日本の銘品と珈琲」のフロアで5月29日まで開催していた「大北海道展」のコーナーで、こちらをじっと見ていたのが「貯金箱 さけくま」。そう、あのお馴染みの木彫りクマに見えますが、実はポリ塩化ビニール製の貯金箱。1500円(税抜)というリーズナブルさ、そしてトランクに入れても全然重くないので、海外へのライトなお土産としても適しています。

BEAMS JAPAN / 貯金箱 さけくま 各¥1,500+TAX
カラー : 黒、ゴールド 2色展開
http://www.beams.co.jp/item/beams_japan/interior/56780199047/

② ファンクションビューティなキーホルダーを選んでもらう

キーホルダーは観光地お土産品の定番ですが、日本が作るとこんなファンクションビューティな逸品に。こちらは[A&F(エイアンドエフ)]と[ビームス ジャパン]によるプロダクトで、それぞれが異なる機能を備えています。一番左は「ナス型キーリング2個Set」(¥1,200+TAX)、左2番目は防水仕様の真鍮製カプセルで、内臓の防水紙に緊急時の情報を記入できるようになっています(¥1,400+TAX)。右から2番目の「エイトリングキーホルダー」(¥1,200+TAX)は、ダイアル部を回すことで鍵の取り外しができる便利仕様。右端の「キーリリース」は200kgもの引っ張りに耐えるというシロモノです(¥1,400+TAX)。とりあえず別々に4個買って行って、渡す人に選んでもらうのもいいかもしれません。(1F「日本の銘品と珈琲」のフロアで販売)

A&F × BEAMS JAPAN / 別注 ナス型 キーリング 2個Set ¥1,200+TAX
http://www.beams.co.jp/item/beams_japan/wallet/56650017254/
A&F × BEAMS JAPAN / 別注 カプセルブラス ¥1,400+TAX
http://www.beams.co.jp/item/beams_japan/wallet/56650004254/
A&F × BEAMS JAPAN / 別注 エイトリングキーホルダー ¥1,200+TAX
http://www.beams.co.jp/item/beams_japan/wallet/56650002254/
A&F × BEAMS JAPAN / 別注 キーリリース ¥1,400+TAX
http://www.beams.co.jp/item/beams_japan/wallet/56650016254/

③ 「軽い、安い、腐らない」。“ばらまき系”をオトナ買い。

ヨーロッパで[Bic(ビック)]のペンの変わったバージョンを見つけると、思わず「ばらまき土産」用に買ってしまう人は多いはず。軽い、安い、腐らない、実用的と何拍子も揃ったペンは、手軽なスーベニアに最適です。日本の文具用品は安価なのにクオリティが高いことで知られているので、[ビームス ジャパン]と日本の[PILOT(パイロット)]の油性ボールペン「スーパーP」は、もらって困る人など皆無。10本セットで¥1,000+TAXなら、“ばらまき用”として買っておいてソンはなしです。ちなみに[パイロット]は日本製にこだわっているのも見逃せないポイント。1F 「日本の銘品と珈琲」のフロアで販売しているので、お急ぎの方はすぐにレジへ。

PILOT × BEAMS JAPAN / 別注 パイロット 油性 ボールペン10本Set ¥1,000+TAX
http://www.beams.co.jp/item/beams_japan/hobby/56760004293/

④ ゴールドな“福”をお土産に

地方の特産品を多数紹介している「ビームス ジャパン」の1Fフロア。中でも小さな存在感を放っているのが、福島県の[白河だるま総本舗]に[ビームス ジャパン]が別注した「ゴールドだるま」。海外の人も好きな「ZEN(禅)」にも通ずる達磨さん、それがこんなありがたいカラーになっているので、もらった人の喜ぶ顔が目に浮かびます。大、中、小と揃っています。(1F 「日本の名品と珈琲」のフロアで販売)

白河だるま総本舗 × BEAMS JAPAN / 別注 ゴールド だるま 大 (15.7×12cm)¥1,700+TAX
http://www.beams.co.jp/item/beams_japan/interior/56780110667/
白河だるま総本舗 × BEAMS JAPAN / 別注 ゴールド だるま 中 (12.5×9.5cm)¥1,300+TAX
http://www.beams.co.jp/item/beams_japan/interior/56780111667/
白河だるま総本舗 × BEAMS JAPAN / 別注 ゴールド だるま 小 (8.3×7cm)¥800+TAX
http://www.beams.co.jp/item/beams_japan/interior/56780112667/?rid=211

⑤ 日本の夏の音を、サンダルで贈る

「カコン、カコン」という杉の高い音が心地よい「温泉 下駄 サンダル」は、大分県の「本野はきもの工業」に[ビームス ジャパン]が別注したもの。一見するとノスタルジックな雰囲気もありますが、実がこのアウトソールには[BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)]でおなじみの「ビルケンソール」が搭載されているので、かなり街履きに適した作り。これなら海外の人でも履きやすいはずです。軽やかな印象のナチュラルカラーと、存在感あるダークブラウンのアッパーの2色が揃っています。(1F 「日本の銘品と珈琲」のフロアで販売)

本野はきもの工業 × BEAMS JAPAN / 別注 温泉 下駄 サンダル ¥8,500+TAX
http://www.beams.co.jp/item/beams_japan/shoes/56330005076/

⑥ 日本でしか買えないスペシャルな[エル・エル・ビーン]の新定番

スーパーロングセラーの[L.L.Bean(エル・エル・ビーン)]の「BOTE&TOTE(ボート&トート)」ですが、こちらは2014年に[ビームス]が別注して瞬く間に完売したという、深めのボトムが特徴のモデル。今回はボディとボトムのカラーリングをワントーンにすることで、さらに“ありそうでなかった”雰囲気に仕上がっています。「日本でしか買えない真っ白の『BOAT&TOTE』だよ」と海外の友人に贈れば、鼻高々。こちらは3Fの「日本のセンス」フロアで販売しています。

L.L.Bean × BEAMS / 別注ディープボトム ボート&トート L ¥13,500+TAX
http://www.beams.co.jp/item/beamsplus/bag/11611715593/
L.L.Bean × BEAMS /別注ディープボトム ボート&トート M ¥11,500+TAX
http://www.beams.co.jp/item/beamsplus/bag/11611713593/

⑦ これぞ「がま口」のニュースタンダード

[ポーター]×[B印 ヨシダ]の長い蜜月は、それが一過性のものではなかったことを見事に証明しています。現在も両者のタッグからは、バッグや財布、小物入れなど優れたプロダクトが輩出されていますが、もしこのレンジの中から海外土産を選ぶとすれば、こんな「がま口ウォレット」はいかがでしょう。「[ポーター]×[B印 ヨシダ]ってだけでしょ?」と思ったあなたは大間違い。がま口を開けると小分けのカード入れが充実しているだけでなく、下部のジップには小銭を収納できるように“新発明”がなされています。“進化する日本の伝統”をプロダクトで伝えられる「がま口」のニュースタンダードは、3Fの「日本のセンス」フロアで。

PORTER × B JIRUSHI YOSHIDA / 別注がま口ウォレット ¥15,000+TAX
http://www.beams.co.jp/item/bjirushi/wallet/34420647176/

⑧ 「ダウンタウンズ・ナポレオン」って言っても通じない。

日本で最も有名な麦焼酎「いいちこ」は“下町のナポレオン”というキャッチフレーズで親しまれていますが、「ナポレオン」はブランデーの最高熟成ランクを示しているもので、昔の高級酒のイメージを一言で言語化した見事なキャッチフレーズとも言えます。しかし、この「いいちこ」×[ビームス ジャパン]のTシャツを海外の友人にあげるときに、「これは“下町のナポレオン”のTシャツだ云々」と説明しても、“ナポレオン・ボナパルト”の解釈で混乱を招くだけなので、「フェーマス・サケ・ブランド」くらいにとどめておきましょう。それにしてもこの「iichiko」の文字はデザイン的にイケてますよね。

いいちこ × BEAMS JAPAN / 別注ロゴ Tシャツ ¥4,000+TAX
http://www.beams.co.jp/item/tokyocultuart/t-shirt/58040663515/
いいちこ × BEAMS JAPAN / 別注ロゴCAP ¥3,800+TAX
http://www.beams.co.jp/item/tokyocultuart/hat/58410117515/

⑨ 日本では「カセットテープがプチ・リバイバル」って教えてあげよう。

東京・中目黒の「Waltz(ワルツ)」などを中心に、再びの盛り上がりを見せているカセットテープのカルチャー。「ビームス ジャパン」4Fの「日本のポップカルチャー」のフロアにも、レストア済みのカセットデッキが多数販売されているなど、日本の“カセットテープ回帰”が売り場でも表現されています。こちらはカセットテープにも見えますが、実はケースに入ったメモ。2017年に開催された『大ラジカセ展』のオリジナルグッズです。

大ラジカセ展 / CASSETTE MEMO ¥500+TAX
http://www.beams.co.jp/item/tokyocultuart/hobby/58630022397/

⑩ お寿司屋さんにある“あの湯呑み”とちょっと違う?

お寿司屋さんに行くと魚へんの漢字が書いてある湯呑みによく遭遇します。それはそれで海外の人にも喜ばれそうですが、[ビームス ジャパン]に置いてあるのは、やっぱり普通じゃありません。よーく見ると魚に混ざって「虫」や「痴」の文字が? これはルアーブランドの[痴虫]がリリースしたもので、釣りや魚に対するアーティスティックな偏愛が具現化しています。文字の周りが立体的に焼かれているなど、そのこだわりも見逃せません。

痴虫 / むしざんまい 湯呑 ¥1,700+TAX
http://www.beams.co.jp/item/tokyocultuart/tablewear/58960165233/

お問い合わせ
BEAMS JAPAN(ビームス ジャパン)
東京都新宿区新宿3-32-6 B1F – 5F
TEL : 03-5368-7300
営業時間 : 11:00-20:00(1F-5F)/10:00-21:00(猿田彦珈琲)/月-金 11:30-15:00<昼> 17:00-23:00<夜>・土日祝 11:30-23:00 (クラフトグリル)
http://www.beams.co.jp/beams_japan/

《編集後記》
海外出張に行く時には「取材先の人に気の利いたものを持って行きたいな」と思うのですが、選択肢が多すぎて決めきれず、結局いつも手ぶらで飛行機に乗ってしまいます。「ビームス ジャパン」がリニューアルしたときに思ったのは、「ここで海外向けの土産を買えばいいんだ!」ということ。今回はビームスさんのご協力で、そんな個人的な想いがカタチになりました。企画では「海外向け」目線でセレクトしましたが、お店には欲しくなるものがゴロゴロで、実に危険なお店であります。(武井)