海外の定番を日本に仕掛ける輸入代理店「株式会社アントレックス」のキーマン、中村順一さ んのスタンダードとは

使い続けているのにはワケがある。あの人の2つの定番アイテムにフォーカス


photo_Erina Takahashi / edit&text_Marina Haga

ファッション関係者、アーティストなど、自らのスタイルを持つ人たちが、自分にとって欠か せない定番をファッションアイテムと雑貨から 2 つピックアップして紹介する連載「MY DOUBLE STANDARD(マイ ダブル・スタンダード)」。第33回目は、インテリアからおもちゃまでバラエティに富んだアイテムを取り扱う「アントレックス」の専務取締役・中村順一さんが登場です。

 

1.ヘルシーな生活を贈るための現代の定番ブレンダー[Vitamix] / 定番暦:10 年


今から約10年前に日本で取り扱いがスタートしてから、オーガニックやローフードなどのブームに乗っかってか、一躍有名になったホールフードブレンダー[Vitamix(バイタミックス)]。 日本での認知は最近のことですが、本国アメリカでは1921年創業と歴史が長く、あの「スター バックス」のフラペチーノを作る機械も同社に特注したものだったりします。そんな、今ではヘルシーライフに欠かせない機器[バイタミックス]を世に広めた第一人者であるのが、中村さんです。

「2馬力という原付ぐらいのパワーがあって、食べ物の種や氷まで粉砕する威力があるのが特徴だったんですが、日本に来たばっかりの頃は『こんなの売れない』と言われていまして(笑)。 ご存知の通り、高いし重いしで日本のライフスタイルに溶け込ませるには我慢の時間が必要でした。震災で放射能を気にして食にフォーカスされるようになったり、サプリメントブームなどもあり、健康な生活を送るには食べるもので解決しようという世の中のムードも幸いし、徐々に需要が高まってきた感じですね」

本国の社長から、「ミキサーを売るのではなく、健康を売るんです」とアドバイスをされたという中村さん。その言葉通り、栄養素がそのままに、スムージーだけでなく、野菜の粉砕やドレッシング、スープ、リキッドまで作れる[バイタミックス]は、今では、美容家からお年寄りの 家庭の調理器具の定番として浸透しています。

「一般的なミキサーで調理可能なものの枠を超え、温かいものから冷たいものまで幅広く調理ができるので、専門の料理教室を開催するほど奥が深いくマニアックなんです。野菜嫌いな自分は、これを使って野菜を細かくして料理に入れています(笑)」


Vitamiz A3500i ¥138,000+TAX 意外にも操作に置いてはアナログ式であった[バイタミックス]ですが、リリースしたばかりの[Vitamiz A3500i]はタッチパネル式で自動ダイヤル付きにアップデイト。さらに別売りのミニサイズのボウルでは、ピーナッツバターやコーヒー豆までを作ることができます。

2.今の子供たちのスタンダードなぬいぐるみに!? [NICI]のグレムリン


「僕らが子供のとき、親から買ってもらったぬいぐるみの定番といえば、[steiff(シュタイフ)] や[Ty(タイ)]でしたが、現代の子供たちの定番を作りたくて始めたのが、ドイツのぬいぐる みの定番ブランド[NICI(ニキ)]なんです」

中村さんがそう言う通り、子供を持つ人なら共感するかもしれませんが、今、「プラザ」をはじ め中高生が行くショップのぬいぐるみコーナーに陳列されているのが[ニキ]のぬいぐるみ。 その人気は中高生を飛び火し、アパレル関係者の間でも話題となっているようです。

「今から4年前に、たまたまグレムリンの著作権を持つ会社と話す機会があって、[ニキ]の生産背景を使ってグレムリンを作れることになったんです。その後、それをベースに[BEAMS(ビ ームス)]や「三越伊勢丹」などの企業とコラボレーションをすることになり、ボディの色を企業カラーに変えて、足にナンバリングも入れて限定でリリース。当初は、どれぐらい売れるか心配していましたが、即完はもちろん、コレクターも生まれるぐらいの人気シリーズになりました」

子供だけでなく、大人からの人気も獲得した[ニキ]ですが、グレムリンのように日本企画で作るキャラクターでも[ニキ]のオリジンを受け継いでいました。

「実は意外とこだわりがあって、触り心地はもとより、ちゃんと“座れる”という条件の中で作られているんです。だから、これまで日本企画でやったものは、そういうことを何度も調整しながら丁寧に作られたものなんですよね」

 

 


中村順一 / 株式会社アントレックス 専務取締役 
世界各国のインテリアから家電、おもちゃまでの生活全般約50ブランドを提案する輸入代理店 「アントレックス」のキーマン。これまでに多くの海外の定番プロダクトを、日本のライフスタイルにおいてのスタンダードとして普及してきた実績を持つ。 
http://www.entrex.co.jp/