フル充電100キロ。日本の職人が作る電動アシストバイク

[ミズタニ自転車]による昭和20年代の国産名品自転車「セラフ」が電動自転車で再登場

edit&text_Yukihisa Takei

電動アシスト自転車といえば、子どもを乗せるママチャリを思い浮かべる人も多いはず。すっかりそのマーケットで市民権を得た電動アシスト自転車ですが、一度乗るとその快適さの虜になってしまいます。「電動アシスト自転車は欲しいけど、ロードバイク仕様のものが欲しい」と思っている人に候補のひとつとしてオススメしたいのがこちら。「ミズタニ自転車」は1924年、つまり大正時代に創業した会社で、1947年からは自社ブランド品の[Seraph(セラフ)]の製造をスタートしました。

1953年にはその[セラフ]号が「東京大阪間第2回プロロード選手権」で、個人と団体のダブル受賞を果たすなど、日本の名門老舗自転車メーカーとして知られています。その[セラフ]が、同じく自転車パーツの世界的メーカー[SHIMANO(シマノ)]のスポーツバイク用電動アシストユニット 「STePS」 を搭載したスポーツE-Bike [Seraph E-01S]を発売します。ミズタニ自転車の熟練職人が1台1台パーツを手組みしているというこの自転車は、フロントフォークにカーボンを使用して17.5kgまで軽量化を図り、 フル充電で100キロもの距離を走破可能。電池が切れても普通のロードバイクとしても乗ることができます。

価格は38万円とそれなりのお値段にはなっていますし、いま電動アシスト自転車には良いものもたくさん出てきているので、何を求めるかは迷うところですが、日本の職人による手組み、さらには今から半世紀以上前に生まれた名車の復刻であることなど、[セラフ]には独特の魅力が詰まっています。

 

電源のオン/オフや速度表示など、視認性に優れたヘッドディスプレイ。
日本製の大容量バッテリー。フル充電で100キロもの距離を走ることができます。

お問い合わせ
Seraph(セラフ E-01S)
INFO : ミズタニ自転車株式会社
TEL : 03-3840-2151
http://www.mizutanibike.co.jp