【FROM EDITOR】定番×定番がコラボすると?

酷暑そして急な豪雨が続き、今年の夏はなかなかタフですね。編集長の武井です。そんな天候の変化にも負けないタフな時計と言えばG-SHOCKということで、本日は最近ゲットしたG-SHOCKをご紹介します。

定番から新定番を探している本メディアですが、ここまで「定番×定番」なものはむしろ珍しいかも。それがこの[New Era®]の59FIFTY®と[G-SHOCK]のDW-5600という、まさに王道中の王道のコラボレーションで、今年G-SHOCKが35周年を迎えるに際して8月に発売になったものです。

G-SHOCKも現在までにさまざまなモデルが登場していますが、何といっても最初期から続くこのDW-5600シリーズはアイコニック。シンプルなデザインのこのシリーズは根強い人気で、僕自身もBluetooth搭載のオールブラックモデルを愛用しています。(実際僕の周囲にもDW5600シリーズをしている人は多くて、打ち合わせの時など若干気まずくなるほど男女問わず同じ時計をしている人が多いです。中でもオールブラックのモデル着用率は相当高い)

今回紹介するコラボもDW5600のマットブラックをベースにしたモデルですが、フェイスにはご覧のように[New Era®]のゴールドのバイザーステッカーがデザインに落とし込まれています。

実はこのモデル、こんなケースに入っています。

はい。しばらく前に「連載シリーズ 定番再考。 Vol.01 ニューエラのヤンキースキャップ」でも紹介しましたが、まさに[New Era®]のド定番キャップである「59FIFTY®」です。サイズまでしっかり「4 1/4」と表記されているのが心憎いところ。

このパッケージにこんな感じで格納されているのです。

[G-SHOCK]も[New Era®]も、これまで様々なコラボレーションを手がけているので、こういう”気の利いた”ところはまさにお手のものという感じがしますね。

こちらのモデルは¥17,000+TAXで現在もまだ入手可能な様子。

G-SHOCKのオフィシャルサイトにも情報は出ていますので、気になった人は是非チェックを。
https://products.g-shock.jp/_detail/DW-5600NE-1/