[レイバン]1960年代の名作「メテオール」と「ニーナ」が復刻

アイデンティティを放つオリジナルモデルにトレンドをプラス

edit&text_Marina Haga 

1960年代に発売され、その特徴的なフォルムで大きな影響力を与えた、[Ray-Ban(レイバン)]の「Meteor(メテオール)」と「NINA(ニーナ)」の2型が、ホリデーシーズンに先駆け11月下旬にリリースされます。

RB2168 / Meteor ¥24,000〜¥31,000
RB2168 / Meteor ¥24,000〜¥31,000
RB2168 / Meteor ¥24,000〜¥31,000

[Ray-Ban(レイバン)]の定番「Wayfarer(ウェイファーラー)」からインスピレーションを受けたこちらは、丸いレンズと大きなブリッジを特徴とするモデル。今回はオリジナルを再現したブラックスタイルに加え、トレンド感のあるトータルシェルやシースルーフレームにアップデイト。全16色展開とラインナップも豊富です。

RB4314N / NINA ¥23,000 – ¥26,000
RB4314N / NINA ¥23,000 – ¥26,000
RB4314N / NINA ¥23,000 – ¥26,000
RB4314N / NINA ¥23,000 – ¥26,000

1960年代のアイウェアを象徴するシャープなキャットアイのフレームやおなじみのリベットで構成された「Nina(ニーナ)」。そんな凜とした印象のモデルは、個性的なトータスシェルのプリントやウォッシュバイオレット、イエローのカラーで展開されます。

今回のリリースの発売に合わせて、「Proud To Belong(自分の居場所と感じられる人々との繋がりを誇りに思うこと)」をコンセプトにしたキャンペーンビジュアルも公開。アイテムと一緒にこちらも合わせてチェックを。

お問い合わせ
ミラリ ジャパン
TEL:03-3514-2950
https://www.ray-ban.com/japan