Twitter
Top

ビスコのロボットやブリングスおじさんが出現。定番のお菓子の箱で作るアート展

「お菓子の箱でつくる夢の世界展」が池袋パルコに登場

近頃、大きな話題となっている空箱アートをご存知ですか。

空箱職人、はるきるさんがお菓子の箱を素材にしたクラフトペーパーの作品は多くの人々を魅了し、各お菓子メーカーからも製作の依頼がくるなど、一つのアート作品として認知されています。新たなアートの盛り上がりはSNSを見るだけでも感じ取れるほど。

そんな旬のアートを厳選したレアな展覧会「お菓⼦の箱でつくる夢の世界展」が、池袋パルコにて2019年10⽉26⽇(⼟)から11⽉11⽇(⽉)まで開催されます。

会場には、ブリングスやオレオ、じゃがりこやアルフォートなどよく食べ慣れたお菓子の箱が変貌を遂げ、元のパッケージデザインを生かしたユーモラスなアートが並んんでいます。お菓子の箱のロゴや文字の使いどころも心くすぐる物ばかり。

また、会場では展覧会の開催を記念したグッズなども販売。


 
空箱をここまでクリエイティブに活用した人は、はるきるさんが初めてなはず。自分の好きなお菓子がどのように活かされているか気になる人は、期間中に足を運んでみては。

詳細
お菓子の箱でつくる夢の世界展
会期・時間:2019年10月26日(土)〜 11月11日(月) 10:00~21:00 
※最終日は18:00閉場 ※入場は閉場の30分前まで
入場料:一般/800円 小・中学生/500円 小学生未満無料
会 場:池袋パルコ 本館7F PARCO MUSEUM
https://art.parco.jp/