デフォルトの姿は小物入れ? 振り回して発電する災害用バッテリーの新たな姿

edit&text_Marina Haga / styling_Akiyoshi Morita / photo_Kengo Shimizu

日常生活はもとより、今や有事を支えるツールでもあるスマートフォン。そんな災害時にスマホを充電するために日頃から所持しておくと安心なのが、モバイルバッテリーをはじめとする充電ツールです。そこで本日紹介するのは、いざと言う時はバッテリーとして、使わない時はディスプレイとしてインテリアとなる[杉田エース]と「nendo」のユニークな手動発電式バッテリー。

1秒1.5回転のペースで約10分間回転させれば、スマートフォンの場合、約10分間の通話が可能です。

工場地帯の煙突のような見た目のこちらはデフォルトの姿で、バッテリー内蔵スティックが小物入れと一体化した構造になっおり、非常時にはこれを持って避難することを想定して設計されているとのこと。使用方法は、バッテリーの内筒を引き伸ばし、ねじってL字に折り曲げ、片手で振り回す完全手動式。遠心力の力で発電を促すことで、従来よりも少ない力で充電できるような仕組みとなっています。小物入れにスマートフォンやメガネ、筆記具などの非常時に必要なグッズを入れておけば、“防災セット”として緊急事態にもスマートに対応できそうです。

アイテム詳細
BRAND:SUGITA ACE(杉田エース)   
PRODUCT:手動発電式バッテリー denqul(デンクル)
PRICE: ¥10,000+TAX
SINCE: 1962年
COUNTRY:日本(東京)
COLOUR:ベージュ/グレー/ブルー     
INFO:SUGITA ACE
TEL:0120-560-521      
https://denqul.jp/