忙しない日常で楽しむおやつ。思いやりの詰まった[きのね堂]のクッキー

edit&text_Marina Haga / styling_Yuto Inagaki / photo_Erina Takahashi

美味しいお菓子屋さんは数あれど、老舗や銘菓の特別感ではなく日常の中でふと食べたくなる瞬間があるのが[きのね堂]のクッキー。小麦粉やお砂糖、卵に牛乳というたった5種類ほどの材料で作られたシンプルな焼き菓子は、口にすると不思議と安心感を与えてくれます。

その秘密は、オーナーの中里さんの“こだわりすぎない”ことを根底に置いた肩肘張らないお菓子作りにありました。材料からお菓子を作るときのプロセスにおいていかにシンプルにできるかをモットーに作られた[きのね堂]の焼き菓子。フォークの柄で描かれた、素朴な顔のねこやまゆげとりのクッキーは、思わずほっこりしてしまう愛らしさを秘めています。人の温もりを感じる優しい味は、都会で出会うからこそより魅力的に感じるのかもしれません。

アイテム詳細
BRAND:きのね堂(きのねどう)
PRODUCT:焼き菓子(ねこ・まゆげとり ¥334+TAX、ジャムサンド ¥602+TAX、三角ビター ¥352+TAX、ココアボール ¥399+TAX
COUNTRY:日本(東京)
INFO:モットハウス・トーキョー
TEL:03-6325-2593
http://www.themotthouse.tokyo