軽くて強い! 弾力のある座り心地がクセになる紙の座椅子

edit&text_Marina Haga / styling_Yuto Inagaki / photo_Erina Takahashi

部屋にソファを置いていても、ついついその座面を背もたれにして床に座ってしまうという人は多いのでは。そんな日本古来より切り離すことのできない “地べたスタイル”を快適にアップデイトしてくれるのが、モダンなルックスのペーパークッションです。

楽器のケースにも使用されているバルカナイズドファイバーという厚紙を使った特殊なクッションで、腰を下ろすとしっかりと体を受け止め、動きに寄り添うような弾力性を感じられます。約550グラムという軽さにもかかわらず、その強度は100キロの重さに耐えられるほど。クセになる弾力は、床に座る時だけでなく椅子の背もたれに置いて使うのにも適しており、自由な姿勢で座ることができます。さらに、使わない時は裏の穴を利用してオブジェのように壁に飾ることも可能な、唯一無二のクッションです。

アイテム詳細
BRAND:安達紙器工業
PRODUCT:Paper Made Paper Cushion
PRICE:¥7,600+TAX
SINCE(BRAND):1942年
COUNTRY:日本(新潟長岡市)
SPEC:W280×D280×H130 / 約550g
COLOR(展開):白・黒・赤
INFO:安達紙器工業株式会社
TEL:0258-24-2145
http://www.adachishiki.co.jp