一保堂茶舗 / ティーバッグ中缶セット(玉露・煎茶・ほうじ茶)

“日本茶の老舗が生んだ、創業300年節目の新定番”

edit&text_Yukihisa Takei / styling_Akiyoshi Morita / photo_Kengo Shimizu

京都を代表する日本茶の名店「一保堂茶舗」は創業300年を数える老舗で、現在も京都の寺町二条に店を構え、穏やかな香りと上品な甘み、まろやかな味わいの「京銘茶」を送り続けている名店です。

クラシックさを失わないそのお店の佇まいや姿勢も素敵ですが、ただ古さを保つのではなく、新しい時代のお茶への取り組みも積極的に行っています。『EVERMADE.』が注目したのは、2017年から発売が始まった「日本茶ティーバッグ」の缶入りパッケージ。急須を使って淹れるのが面倒な忙しい人や、海外の人への土産にチョイスする人が増えています。

テトラ型ティーバッグというカジュアルな姿ながら、中身はもちろん本格派。味が凝縮された芽茶を使用しているので、手軽ながら香りも美味しさも豊かな日本茶が楽しめます。老舗ならではのこだわりが生んだ新定番は、玉露、煎茶、ほうじ茶の3缶セットで贈り物にすれば、普段日本茶を飲まない人にこそ喜ばれそうです。

お湯に入れて1分ほどで、美味しい日本茶のできあがり。

アイテム詳細
BRAND:一保堂茶舗(いっぽどうちゃほ)
PRODUCT:ティーバッグ中缶セット(玉露・煎茶・ほうじ茶) 
PRICE:¥4,800+TAX
SINCE(BRAND / PRODUCT):1717年(2017年〜)
COUNTRY(CITY):日本(京都府)
SPEC:幅24.9×奥行8.4×高さ14.7cm (「玉露」2g×20袋 /「煎茶」2g×20袋 /「ほうじ茶」2g×20袋)
INFO:一保堂茶舗京都本店
TEL:075-211-3421
http://www.ippodo-tea.co.jp