「書く」と「開ける」を1本で解決。“あったらいいな”が形になったオープナー付き「マッキーワーク」

edit&text_Marina Haga / styling_Akiyoshi Morinta / photo_Kengo Shimizu

国民的文房具を数々と世に送り出してきた[ZEBRA(ゼブラ)]社。中でもフェルトペンにおいて、未だ圧倒的シェアを保ち続けているのが、油性マーカーの代名詞的存在にもなっている「マッキー」です。

耐久性に優れたプラスチック製の突起は、クラフトテープにも布製のガムテープにも対応。

誰もが使ったことのあるこのマジックペン、そんな定番アイテムも現在のニーズに合わせてアップデイト。キャップ部分にダンボールに貼られたテープを裂くことができるプラスティックの“オープナー”が付属され、「マッキーワーク」として新たにリリースされました。

“「マッキー」はダンボールと一緒に使われることが多い”というシーンを想定して考案されたように、1本で“書く”と“開ける”の2つの役割を備えているので、ダンボールの梱包や伝票の個人情報を塗りつぶす際など、家庭やオフィスに備えておくと便利です。マッキー部分は従来の仕様で赤と黒の2色がラインナップ。ハサミよりも簡単で、カッターよりも安全な一品は、作業の効率化にも一役買ってくれることでしょう。

アイテム詳細
BRAND:ZEBRA(ゼブラ)
PRODUC:マッキーワーク
PRICE:¥180+TAX
SINCE(BRAND/PRODUCT):1897年(2018年)
COUNTRY:日本(東京都)
SPEC:太細両用油性マーカー / 開梱オープナー付き / サイズ:最大径22mm×全長148mm
重量:26g
COLOR:黒 / 赤
INFO:ゼブラ お客様相談室
TEL:0120-555335(平日9時~17時)
http://www.zebra.co.jp/