日本の茶葉でテイストを楽しむ、[カネ十農園]の「カネ十アールグレイ」。

edit&text_Yukihisa Takei / styling_Akiyoshi Morita / photo_Kengo Shimizu

沢木耕太郎さんの紀行小説『深夜特急』を読むと、東から西へ旅をするにつれ、同じお茶でも、“チャ”から“チャイ”、そして“ティー”へと発音や味が変化していくことが綴られています。日本茶と紅茶はイメージも違うのですが、実は全て学名上では同じツバキ科の茶の樹から摘まれた茶葉が原料で、その乾燥や発酵の具合によってテイストがこれほど変わってきます。

日本茶の製法を踏まえて抽出されているので、色はグリーン。

[カネ十農園]は日本—の茶どころである静岡県の牧之原市の老舗茶農園。収穫直後に自社の製茶場で加工する一貫生産のスタイルで、最近ではデザイン性の高いパッケージの茶葉の販売や、表参道に日本茶のティーサロンを作るなど、日本茶カルチャーを広めている存在です。その[カネ十農園]によるアールグレイは、カフェインを抑えた一番摘みの茶葉に、ベルガモットから抽出した天然の精油で香りづけをし、乾燥させた果皮と果肉も加えた本場・英国も顔負けの逸品。日本の茶農園によるアールグレイの実力は、茶葉タイプとティーバッグタイプで味わうことができます。

アイテム詳細
BRAND:KANEJU-FARM(カネ十農園)
PRODUCT:カネ十アールグレイ 缶入 100g / カネ十アールグレイティーバッグ
PRICE:カネ十アールグレイ(100g) ¥2,200+TAX、カネ十アールグレイティーバッグ ¥1,300+TAX
SINCE(BRAND/PRODUCT):1888年創業(2016年より「カネ十農園」として直販事業開始)
COUNTRY:日本(静岡県牧之原市)
SPEC: 缶入:W74×H140×D74(mm)/100g、ティーバッグ:W77×H118×D41(mm)/3gx10p
INFO:カネジュウ農園株式会社
TEL:0548-52-0386
http://kaneju-farm.co.jp