Twitter
Top

未知の肉体験。
いわゆる高級志向とは違う和牛専門店「TOKYO COWBOY」の“日常”肉

edit&text_Marina Haga / photo_Erina Takahashi

“ミートカウンセリング”を通して自分に合った肉を選ぶ

 

ストリートフードや台湾スイーツなど目まぐるしくトレンドが変わる日本の食カルチャーに置いて、依然としてブームが冷めない、肉。都内には肉料理を専門とするレストランがオープンし続けている一方で、人々の興味は特別な日に自宅で美味しい肉を味わう方向にフォーカスされつつあります。そこで注目を浴びているのが、東京・用賀に店を構える和牛専門フルオーダーカットの精肉店「TOKYO COWBOY(トウキョウ カーボウイ)」です。

 

肉の購入先として、お肉屋さんやデパ地下、オンラインや工場直売所、など選択肢はありますが、肉に精通していない一般人にとっては、選び方の基準が明確でないもの。ここ、「TOKYO COWBOY」では、店頭のミートコンシェルジュに肉の好みや、何の調理に何人分使用するか、予算などのリクエストを伝えるだけで、その場でベストな肉を見繕ってくれます。それゆえ、ライフイベントやギフトを求めて足を運ぶ人が多いよう。 “オーダーメイド”というと敷居が高く聞こえますが、いわゆる高級志向とは違い、もっと身近で人々の生活に密接に寄り添っています。

 

写真のミートコンシュルジュ、二宮さんが、肉の仕入れからトリミング、カウンセリングを担当しています。

そんな「TOKYO COWBOY」の肉が他店と違うポイントは2つ。

POINT1:「肉が訴えてくる」というミートコンシュルジュの役割

同店に常駐しているミートコンシュルジュは、日本の伝統工芸の職人と同様に、長い修行期間を乗り越え名乗れる業種で、市場から1頭を仕入れるという重大な任務を担当しています。「TOKYO COWBOY」のミートコンシュルジュを担当する二宮さん曰く、「美味しい肉は見た目から肉が訴えてくる」そうで、経験と感性という職人技によってお店の味が保たれていることがわかりました。

 

POINT2:ネームバリューに捉われない、独自の仕入れの仕方

「TOKYO COWBOY」には、ミートコンシュルジュが全国各地の和牛から選りすぐった約40種類以上の部位が並んでいますが、その選び方がかなり特徴的。一般的に、肉はワインなどと同様に、ブランド名が先行しがちな商材。しかし、全国にはまだ日の目を見ていない美味しい和牛が存在し、そこを同店ならではの基準でフックアップしながら、セレクトしているといいます。

市場から一頭買いしているからこそ可能な希少な部位の用意もあり、王道からレアな部位が幅広く揃っているのも魅力。さらに、ブランドや牛の等級にこだわらないフラットな目線だからこそ、価格も良心的で、肉という高級食材を日常に取り入れやすくなっています。

 
 
 

これを見れば買うべき肉が分かる!

「TOKYO COWBOY」がプッシュするイチオシの部位を聞きました

1. 特別な日の花形メニュー、ステーキを食らうならこれが王道


いつもより奮発をして贅沢をする日のためにステーキ用の肉をお探しなら、最高級なシャトープリアンと希少なイチボを。“幻の部位”とも称される「TOKYO COWBOY」のシャトーブリアンは、肉質、脂、風味とどれをとっても最上位。イチボはモモのお尻に位置し、脂のノリのバランスがよく濃厚で柔らかな味わいが楽しめます。

 

2.BBQの主役を飾るサプライズ感満載のTボーン


店頭に並んでいれば“ラッキー”と言えるほどレアアイテムで、他の精肉店では取り扱いがほぼない和牛T
ボーン。骨を挟んでサーロインとヒレで構成されており、1枚でどちらの味も楽しめる贅沢さが魅力。フォトジェニックな見た目なので、パーティやBBQなどで披露すれば盛り上がること間違いなしです。

 

3.赤身と脂身のバランスの好みによって選べるローストビーフ


「TOKYO COWBOY」では、上質な赤みの部位を使ったローストビーフを、脂身・赤身のバランスごとに3種類を用意。ミートコンセルジュに、「赤身が多い方が好き」などの好みを伝えることで、それに適した風味を3種類の中から選んでもらえます。

 

4.そのままで簡単なのに特別感を演出できるハンバーグ


ギフト用に肉を買いに来店した人が、ついつい自分用に購入してしまうというのが手切りでミンチにして作った和牛のビーフハンバーグ。従来のハンバーグより、肉の風味が濃厚で、その味わいはまるでステーキを食べているようと好評です。

 

5.すき焼き・しゃぶしゃぶに。自宅の味をアップデイトする家庭の肉


お中元やお歳暮などのギフトとしても人気な肩ロース。すき焼きやしゃぶしゃぶなどデイリーのメニューで気軽に使える万能さが魅力。料理の用途に合わせてミートコンシュルジュにリクエストすれば、それ用に肉をスライスしてもらえます。

 

6.煮込み料理に最適な赤身肉


名前の通り首周辺の肉であり、よく動く部位だからこそかみごたえがあり赤身が多いのが特徴。
ビーフシチューをはじめ煮込み料理に適しており、しっかりと濃厚な味わいを残しながらトロトロに柔らかくなります。

 

ファッションや飲食店など、生きていく上でここに行けば間違いがないという行きつけをいくつか備えておきたいものですが、「TOKYO COWBOY」もそんな自分のアドレスに登録しておきたい頼れるお店です。


TOKYO COWBOY
世田谷区上用賀1-10-16
TEL:03-6805-6933
営業時間:10:00~18:00(水曜定休)
HP:http://www.tokyocowboy.jp
Online Shop:http://tokyocowboy.theshop.jp/