Twitter
Top

「オルファ」=「折る刃」って知ってました?

edit&text_Yukihisa Takei / styling_Masaaki Ida / photo_Kengo Shimizu

カッターの切れ味が悪くなったら、先を折って取り替える。すっかり当たり前になっている一連の動作ですが、もちろんこのシステムを発明したパイオニアが存在します。それがこの[オルファ]を生み出した日本人、岡田良男さんです。

[オルファ]誕生当初からほとんど変わっていないデザイン。

戦後に印刷会社で働いていた岡田さんは、切れ味の落ちたカミソリの刃が工場で捨てられているのを「もったいない」と感じていて、「板チョコのように折って新しい刃が出てくるものを作ればいいのでは?」と思いつき、試行錯誤して1956年にこのカッターを開発したそうです。

このアイデアは世界中で大ヒット。[オルファ]はその後さまざまな形状で登場していますが、最初期の面影をそのまま残すこの定番モデルの「シルバー」は、完成された普遍的で美しいデザイン。「折る刃」だからブランド名は[オルファ]。まるで外国ブランドのような響きの中に、実はシャレの効いた日本語がストレートに隠されていました。

アイテム詳細
BRAND : OLFA(オルファ)
PRODUCT:カッター 「シルバー」
PRICE:オープン価格
SINCE(BRAND / PRODUCT) : 1967年(シルバーは1973年から)
SPEC : 全長132.5mm×全幅11.2mm×全厚9mm / 18.5g
COUNTRY(CITY) : 日本
INFO:オルファ株式会社
TEL : 06-6972-8101
https://www.olfa.co.jp