Twitter
Top

料亭の味を贈る。下鴨茶寮「粉しょうゆ」のギフトセット

edit&text_Yukihisa Takei / styling_Akiyoshi Morita / photo_Kengo Shimizu

ユネスコの「無形文化遺産」にもなった日本が誇る和食。その中心地といえばやはり京都が挙げられますが、「下鴨茶寮」はその京都の地で1856年に創業した老舗。近年では放送作家としてだけでなく八面六臂の活躍を続ける小山薫堂さんがこのお店の主人になり、旧来の老舗の枠にとどまらない展開を始めたことでも知られていますが、その「下鴨茶寮」の料理人が試行錯誤して生み出したのがこちらの「料亭の粉しょうゆ」です。

nendoがデザインした専用コンテナーは2種類から選べます。

3年醸造の醤油を粉末化して、柚子と一味唐辛子を加えて京都らしい風味を実現させたことでヒット商品となりましたが、今回紹介するのは容器付きのギフト仕様のセット。世界的デザイナーである佐藤オオキさんが代表を務める「nendo」デザインのコンテナーは、世界遺産でもある下鴨神社にちなみ、茶道や神社で手水舎、柄杓をヒントにデザインされています。また、京都情緒溢れる陶器の専用容器も人気があるWスタンダード商品。ちょっと珍しくて、ふだんの料理にかけるのが楽しくなる老舗の「粉しょうゆ」は、気の利いた贈り物としても良さそうです。

ここから購入も可能です。
http://www.shimogamosaryo.co.jp/shop/

アイテム詳細
BRAND : 下鴨茶寮(しもがもさりょう)
PRODUCT : 料亭の粉しょうゆギフト仕様
PRICE : 各¥1,500+TAX
SINCE(BRAND / PRODUCT) : 1856年(安政3年)
SPEC : 88×190×60 mm / 163g
COLOR : 陶器 茶色 / nendoデザイン専用コンテナー 白、黒*2色展開
COUNTRY(CITY) : 日本(京都市)
INFO : 下鴨茶寮
TEL : 075-692-2003
http://www.shimogamosaryo.co.jp