—the telephones / Yap!!! 石毛輝編— 連載「MY DOUBLE STANDARD」

使い続けているのにはワケがある。あの人の2つの定番アイテムにフォーカス。


edit&text_Marina Haga / photo_Erina Takahashi
ファッション関係者、アーティストなど、自らのスタイルを持つ人たちが、自分にとって欠かせない定番をファッションアイテムと雑貨から2つピックアップして紹介する連載「MY DOUBLE STANDARD(マイ ダブル・スタンダード)」。第24回目はthe telephone(ザ・テレフォンズ)そしてYap!!!(ヤップ)のフロントマンとして活動している、石毛輝さんが登場です。

1.バンド界隈では既に定番? 音楽感の一致からスタイルとして定着した[オールアラウンド]のウエストポーチ / 定番暦:1年

表面に入れられたどこかで見たことがあるグラフィックは、ジョイ・ディヴィジョンのファースト『アンノウン・プレジャーズ』より。あまりにも有名なこの柄は無線パルスの波形でありケンブリッジ天文学百科事典から直接画像をコピーされていて著作権はない。http://allaround.thebase.in

バンドthe telephonesや、Yap!!!のフロントマンとして活躍するほか、メンズブランド[Sise(シセ)]のランウェイの音楽を担当するなど、ファッションとも密接な関係がある石毛さん。音楽業界を飛び越えて人と繋がる時は必ず“音楽的趣味があうこと”が前提にあると言います。
今回自身の定番として挙げた[ALLAROUND(オールアラウンド)]のウエストポーチも、デザイナーとのそんな関係からスタイルとして定着したものとのことでした。

「デザイナーの山下哲司さんは、メタル→パンク→電子音楽と変わった音楽遍歴を経てきていて、そういう人が作るモノって洋服からも音が見えてくるんですよね。服って無限にあるので、その中から何を抽出するかってなった時に、自分の好きなものやバックグラウンドと通ずるものを選んでしまいます」

その他にもフーディーやキャップなどを愛用し、コラボアイテムをリリースするなど石毛さんの定番ブランドとなった[オールアラウンド]との出会いは、2015年。メディアでの露出はないものの、音楽界隈を中心にジワジワと口コミで広がりを見せているそうです。

「デザイナーさんが音楽的背景の強い方なので、さまざまなアーティストとコラボしたりと音楽関係者のファンが多いです。あと、30歳を過ぎたぐらいからは、見た目だけでなく実用性を備えたものを重視するようになってきまして。通常のウエストポーチより大容量でヘッドフォンもCDも収まるので、これでDJをやりにも行けちゃうんですよね。そういうサイズ感で作ってくれるのもデザイナーの山下さんが現場を知っているからだと思います」

ジョイ・ディヴィジョン好きの石毛さんらしいチョイスのキャップ。今までこんなキャップ売ってなかったので感動しました。

 

2.デモの足りない部分を教えてくれる[ULTIMATE EARS(アルティメットイヤーズ)]のオーダーメイドイヤホン / 定番暦:5年

ステージのイヤーモニターとしても使えるハイエンドモデル。

石毛さんがもうひとつの定番としてピックアップしたのが、the telephonesのメンバーと一緒に作ったオーダーメイドのイヤホン。こちらは耳の型を取って名前を入れた完全オリジナルオーダーとのこと。

「とにかく音が良いので、耳が疲れなくてフラットに聞けるイヤホン。DJをやるならば低域が強いタイプがいいのですが、普段聴きや作りたてのデモをそれで聴くとカッコよく惑わされちゃうのでフラットな周波数で聴きたいんです。(笑)自分の家のモニタースピーカーを基準にしてるので個性のあるイヤフォンに慣れちゃうと家で聴いた時に「全然違うじゃん」となるので、フラットであることが個人的には重要です」

デモを作ったら音源をiPhoneに入れて、家ではなくて出来るだけリスナーと同じ環境で聴くようにしているとのこと。

「最近は、音楽を移動中に聴く人が多いと思うんですよ。散歩しながら聴いて、『もうちょっと低音を出したらウキウキで歩けるかな』とか考えながら最終調整をするのですが、これがその“足りない部分”を教えてくれるんです。あとは、ミュージシャンなら皆やってることなのですが、そのデモが到達しそうな参考曲と聴き比べると、よりこれが足りないとかがジャッジしやすく自分の理想の音像に近づくことが出来ますね」


石毛輝 / Yap!!!、 the telephones ボーカル&ギター&シンセサイザー&プログラミング
the telephonesのフロントマン&コンポーザーでありながら、バンド休止中にlovefilmとYap!!!の2つのバンドを始動し、メインボーカルとギター、シンセサイザー、プログラミングなどを担当。また、ソロ名義ではバンドサウンドではない静かで壮大な楽曲を披露するなど、バンドとの二面性が魅力。また、音楽活動だけでなく、音楽番組の司会やファッションブランドとのコラボレーションなど幅広く手掛けている。
Twitter:@Akira_Ishige‬‬‬‬‬‬‬‬
Instagram:@akiraishige
soundcloud.com/akira-ishige

the telephones live
2019年5月18日(土)「OSAKA METROPOLITANROCK FESTIVAL」 METROCK大坂特設会場
2019年5月25日(土) 四星球「SWEAT 17 BLUES 完成CELEBRATE? TOUR」愛知県 名古屋DIAMOND HALL
5月26日(日)「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2019」@新木場・若洲公園
2019年6月1日(土)「LOVE MUSIC FESTIVAL 2019」@幕張イベントホール
019年6月2日(日)「百万石音楽祭2019~ミリオンロックフェスティバル~」 石川県 石川県産業展示館1~4号館
2019年6月14日(金)「9mm Parabellum Bullet 〜15th Anniversary〜『6番勝負』」 静岡 浜松窓枠
2019年6月17日(月)キュウソネコカミ「試練のTAIMAN TOUR 2019」 滋賀U-STONE0
2019年6月18日(火)キュウソネコカミ「試練のTAIMAN TOUR 2019」なんばHatch

Yap!!! Live
2019年4月20日(土)
「CONNECT歌舞伎町MUSIC FESTIVAL 2019」@新宿界隈ライブハウス