[G-SHOCK]と「トランスフォーマー」のオプティマスが合体

時計を飾る台座モードからロボットへトランスフォーム

edit&text_Marina Haga 

発売する度に話題となる[G-SHOCK(ジーショック)]のコラボモデル。今年公開、マイケル・ベイ監督による『バンブルビー』も期待が高まる、タカラトミーの人気ロボットシリーズ「トランスフォーマー」とタッグを組み、時計と合体したオプティマス・プライムがリリースされます。

実は今回で2回目となる両者のコラボレーション。前回はムービにてコラボレーションをしただけでしたが、[G-SHOCK(ジーショック)]は今年、「トランスフォーマー」は2019年に誕生35周年を迎えることを記念して、実際に手に取って楽しむことができるコラボレーション企画が実現しました。

台座モード

ロボットは直立したロボットモードと、時計を飾る台座モードの2形態に変形。ブランドの定番モデル6900系をベースに、ロボットと同色のレッドとブルーでボディが配色されています。また、ELバックライトには「マスターオプティマスプライム」が所属する正義の軍団「オートボット」のエンブレムが浮かび上がるとうのも、ファンには嬉しい設定。

DW-6900TF-SET ¥29,000+TAX

ちなみに今回はセットとなる「DW-6900TF-4」以外にも、「G-SHOCKデジタル“5600/6900” シリーズ」であれば合体が可能とのことで、自分の[G-SHOCK]コレクションとも接続を楽しめます。

発売は12月8日(土)。気になる人は下記より詳細のチェックを。

お問い合わせ
カシオ計算機
TEL:03-5334-4869
http://tf.takaratomy.co.jp/toy/