Twitter
Top

今年の秋はドクターマーチンの短靴が気になる / Dr. Martens “1461”

ルードボーイたちが愛したマーチンの3ホール

edit&text_Takuro Kawase / styling_Takehiro Abe / Photo_Yasuhisa Takenouchi

2018年秋冬は、ファッションにおいて本格的にブリティッシュの風が吹いていると言われています。[ドクターマーチン]はそんなUKカジュアルシューズを代表するブランドですが、今回はその[ドクターマーチン]定番中の定番モデル「1461」(3ホールシューズ)にフォーカス。また明日からは3日連続でこの秋注目のコラボレーションモデルもご紹介します。

パンクムーブメントが吹き荒れた70年代の終わり。ニューウェーブやハードコアパンクが台頭する中、2トーン・スカというユニークな音楽性でシーンに躍り出たのがザ ・スペシャルズでした。60年代のジャマイカで生まれたスカにパンクのエッセンスを組み合わせた彼らの楽曲は熱狂的な支持を集め、全英1位を記録するヒットシングルを世に送り出しました。

ジャマイカ出身の黒人メンバーを含めたこのバンドは、身体にぴったりとフィットした細身のスーツにドクターマーチンの短靴を合わせたファッションでも大きな話題を呼びました。それまでのパンクスの定番であった8ホールではなく、3ホールやタッセルローファーを選んでいたことがポイントです。

このジャケットをご覧の通り、細身のパンツに丸みを帯びたボリューム感たっぷりのマーチンの短靴が絶妙なアクセントになっているのです。レザーソールではなくボリューム感のあるドクターマーチンの特徴「バウンシングソール」が、2トーン・スカのスタイルに不可欠だったのです。現在は全てがイギリスでは生産されてはいませんが、今なおMADE IN ENGLAND(英国製)モデルもあります。

Dr.Martens “1461”

[ドクターマーチン]の定番といえば8ホールブーツですが、今季は短靴がオススメ。こちらは「1461」と呼ばれている3ホール。ごくシンプルなオックスフォード型ですが、丸みを帯びたボリューム感のあるフォルムと、アイコン的なイエローステッチが音楽好きにはたまりません。クッション性と耐摩耗性に優れたエアウェアソールも、このブランドならでは。Dr.Martens “1461” ¥21,000+TAX(ドクターマーチン・エアウエア ジャパン 03-5428-4981)

https://www.drmartens.com/jp/p/originals-shoes-smooth-1461-59