ペニーローファーのデザインを踏襲した[リール]の“コインローファー”

edit&text_Yukihisa Takei / styling_Yuto Inagaki / photo_Kengo Shimizu

レザーシューズの定番のひとつペニーローファーといえば、甲部分のサドルに入っている切り込みが目印。もともと英国王室の室内靴として誕生したのが起源で、その後アメリカの学生が1セント硬貨をこの部分に挟んで履いていたりしたことから、“ペニーローファー”、“コインローファー”として親しまれるようになりました。

カラーはグレーのほか、ブラック、カーキ、クリームの4色展開。

で、こちらはその発想を逆手に生まれた、“ペニーローファー”風のコイン入れ。こちらはイタリアのトスカーナ地方のタンナーがなめした革を使い、ハイセンスなレザーアイテムを作り出している[REEL]という新鋭ブランドによるプロダクト。おなじみのペニーローファーのデザインを踏襲しているところがシャレの効いたところですが、もっともペニーローファーのストーリーを知らない人から見ると「靴の形をしたコイン入れ」にしか映らないのはご愛嬌。でもそのストーリーを知っている人同士なら、思わずニヤリとできるプロダクトです。

アイテム詳細
BRAND: REEL(リール)
PRODUCT:Coin Loafer
PRICE: ¥8,000+TAX
SINCE(BRAND/PRODUCT):2018年
COUNTRY:日本
SPEC: サイズ 9×6.5cm
COLOR: Black・Grey・Khaki・Cream
INFO:feets
TEL:03-3719-1550
reel-needle.com
feets-steef.jp