通販は数ヶ月待ち? 兄弟の強い想いから生まれた老舗の味[センベイ ブラザーズ]のせんべい

edit&text_Marina Haga / styling_Yuto Inagaki / photo_Kengo Shimizu

近頃メディアでじわじわと話題になっている [センベイ ブラザーズ]。煎餅が入っているとは思えない洗練されたパッケージには思わず食指が伸びてしまいますが、これがブームになるまでのストーリーに目を向けると、よくある “おしゃれ煎餅”とは格が違うということが伝わってきます。

軽く小丸サイズの薄焼き煎餅でパリパリな歯ごたえが病み付きになります。

1960年から東京江戸川区で煎餅を焼き続けてきた老舗工場「笠原製菓」。3代に渡って大手菓子メーカーのOEMとして実績積み重ねてきた企業とのことですが、2014年に実家の危機を起死回生するべく立ち上げたブランドが[センベイ ブラザーズ]でした。「せんべいを、おいしく、かっこよく」というコンセプトのもと、地道に自ら販売活動を続けてきた成果が実り、今では通販が数ヶ月待ちの人気煎餅に成長。歴代の職人たちが培ってきた技術を駆使して、創業半世紀の伝統を新しい形で生まれ変わらせたブランドの背景を知ると、ますますその味が気になります。

アイテム詳細
BRAND:Senbei Brothers(センベイ ブラザーズ)
PRODUC:バジル、極みワサビ、チョレギ
PRICE:¥350+TAX(バジル、極みワサビ)、¥550+TAX(チョレギ)
SINCE(BRAND):バジル、極みワサビ(2014年~)、チョレギ(2018年~)
COUNTRY: 東京都(江戸川区)
SPEC:各70g
COLOR:バジル、極みワサビ(クラフトパック)/チョレギ(ホワイトパック)
INFO:Senbei Brothers
TEL : 03-3687-2495
http://senbei-brothers.jp/