サコッシュがCDジャケット。東京の箱を湧かせるインストゥルメンタルバンド、R N S Tの新譜

edit&text_Marina Haga

「Juvenile」をテーマに憧れや初期衝動、高揚感を表現

東京の箱を回遊している人なら彼らのパフォーマンスを目にする機会があるかもしれない、アンビエント、ポストロック、エレクトロニカなどの垣根を超え、エモーショナルで過激なエフェクトで型にはまらないパフォーマンスを得意とする3ピースバンド・R N S T(アール・エヌ・エスティー)。その独特の作風だけに留まらず、ジャケットも含めてオリジナリティを炸裂させた、ニューアルバム『ー(ハイフン)』が気鋭レーベル「Salvaged Tapes」よりリリースされました。


同企画は、ジャンルを超えた音楽をキュレーションをコンセプトに「Salvaged Tapes」が2018年より年間でテーマを授け、それに合わせた楽曲をアーティストが製作するプロジェクト。「Juvenile(少年性)」をテーマにした今回、それに参画したR N S Tは、テーマに沿った作品制作を行うためにアプローチを大幅に変更。マスタリングエンジニアにはROVOやスーパーカーのプロデュースワークで知られる益子樹さんが加わり、新境地を切り開いた作品に仕上がっています。

さらに、CDジャケットの役割を担うサコッシュは、福岡の不織布を使ったハンドメイドバッグブランド[UNNUN]とのWネーム仕様。ストリーム時代だからこそ、フィジカルリリースで買う動機のひとつとなる特別感のあるパッケージで所有欲をそそられます。神泉に構えるセレクトショップ・R for D、アートショップ・NADiffほかで発売中。詳しい詳細は「Salvaged Tapes」のサイトをチェック。

ー(ハイフン)
R N S T
SVTP-006