Twitter
Top

家で使いたい。TOKYOコーヒーショップのオリジナルマグ15選

 

SIDEWALK STAND / サイドウォーク スタンド


中目黒は目黒川沿いに佇むコーヒースタンド「サイドウォーク スタンド」。本格派のラテはコクがあって、リピートしたくなります。オリジナルマグはインダストリアルな家具屋[PACIFIC FURNITURE SERVICE(パシフィックファニチャーサービス)]とのコラボ。ピンク、ブルー、グレー、ブラウンの全4色展開。

アイテム詳細
PRODUCT:オリジナルマグ
PRICE:¥1,389+TAX
SINCE:2015年
COUNTRY / CITY:日本 / 東京(中目黒)
SIZE:φ8.5×H9cm
INFO:サイドウォーク スタンド
TEL:非公開
http://sidewalk.jp/
SIDEWALK STANDのマップはこちら。

 

THE LATTE TOKYO / ザ・ラテ トウキョウ


複合型のコンセプトストア「INN(イン)」に併設されている持ち帰り専門のカフェスタンド「イン ザ・ラテ トウキョウ」は、季節で変わるフレーバーラテがウリ。スタッキングマグは人気アーティストFACEさんによる牛乳を入れた際にできる“ミルククラウン”モチーフのキャラをフィーチャー。

ここから購入できます。
https://netsurfside-inn.com/items/5b52b00ba6e6ee0efe000a94

アイテム詳細
PRODUCT:“DRIPPIN”スタッキングマグ
PRICE:¥1,389+TAX
SINCE:2015年
COUNTRY / CITY:日本 / 東京(奥渋谷)
SIZE:φ8.6×H8.8cm
INFO:イン
TEL:03-6416-8298
http://www.inn-tokyo.com/
THE LATTE TOKYOのマップはこちら。

 

 

LATTEST / ラテスト


バリスタが全員女子という表参道裏路地のエスプレッソバー「ラテスト」。そんな話題もさることながら、通常の3倍量のエスプレッソを注いだ看板メニューであるオリジナルドリンク“LATTEST”はガツンと濃厚で男勝り。マグカップにも表現されているようにコーヒー愛もひとしお!

アイテム詳細
PRODUCT:オリジナルマグカップ
PRICE:¥1,111+TAX
SINCE:2012年
COUNTRY / CITY:日本 / 東京(表参道)
INFO:ラテスト 表参道 エスプレッソバー
TEL:03-3478-6276
http://lattest.jp/
LATTESTのマップはこちら。

 

 

GOOD PEOPLE & GOOD COFFEE / グッドピープル アンド グッドコーヒー


通常のカフェラテよりも、ミルクに対するコーヒーの量が多いニュージーランドスタイルの“FLAT WHITE”が「グッドピープル アンド グッドコーヒー」のアイコンドリップ。オンラインショップでも展開されているマグはというと、グッドオールドなアメリカンダイナー風の肉厚ながら小振りな作り。

ここから購入できます。
https://goodpeopleandgoodcoffee.com/online-store/good-people-everyday-mug-s/

アイテム詳細
PRODUCT:MUG-S
PRICE:¥1,667+TAX
SINCE:2014年
SIZE:φ7.5×H8cm
COUNTRY / CITY:日本 / 東京(池尻大橋)
INFO:グッドピープル アンド グッドコーヒー
TEL:03-5725-1303
https://goodpeopleandgoodcoffee.com/
GOOD PEOPLE & GOOD COFFEEのマップはこちら。

 

 

Coffee Supreme / コーヒースプリーム


ニュージーランドの首都ウェリントンを拠点として、オセアニアに展開するロースターカンパニー「コーヒースプリーム」が昨年国内初上陸。“FLAT WHITE”は同地でポピュラーなコーヒー多めのラテ。マグには「MUGS NOT DRUGS」とレタリングされていて、アイロニカル。スタッキングできるのが嬉しい。

ここから購入できます。
https://shopjp.coffeesupreme.com/items/9258391

アイテム詳細
PRODUCT:MUGS NOT DRUGSスタッキングマグカップ
PRICE:各¥1,800+TAX
SINCE:2017年
COUNTRY / CITY:日本 / 東京(奥渋谷)
INFO:コーヒースプリーム トウキョウ
TEL:03-5738-7246
https://shopjp.coffeesupreme.com/
Coffee Supremeのマップはこちら。

 

 

《編集後記》
メンズでも女子でも気に入ったら、ずっと使い続ける方がいますよね。それは換えるのが億劫ということではなくて、やっぱり自身にフィットするから。日々そういったモノが少なからず傍にあると、ストレスが多く解消されるし、毎日注ぐコーヒーのマグなんて、その典型だと思っています。長く使っているのはよく通っているコーヒースタンドのオリジナルダイナーマグ。美味しく飲むのに、こんなにカップが重要なんだって、改めて気付かされるんです。余談ですが、“Mug Cup”という名称は和製英語で、英語では単に“Mug”。他に、コーヒーカップやラテボウルという呼び名やタイプもあり、フォルムもアレンジも三者三様なので、ショップにコーヒーを飲みに行った際はぜひチェックしてみてください。自分好みが見つかれば、デイリーなコーヒーブレイクの質がグッと上がります(本郷)