楽チンだけど品が良い! ありそうでなかった[トリッペン]と[フィルメランジェ]による新感覚シューズ

edit&text_Marina Haga / styling_Nobuyuki Ida / photo_Kengo Shimizu

以前、当サイトでも紹介したように、スニーカーをはじめドレスシューズにおいてはベルジャン・シューズが定番となるなど足元のカジュアル化が進む昨今、今取り入れるべきはスリッポン的ニュアンスを持つ一足。中でも、ドイツ発シューズブランド[Trippen(トリッペン)]と日本が誇るカットソーブランド[FilMelange(フィルメランジェ)]のタッグによる履き心地を追求した新作は、スニーカーに慣れすぎた我々の足にもぴったりのイージーなプロダクトです。

サイドゴアで甲まわりをしっかりフォールドしてくれます。

2018年春夏よりラインナップに加わった[トリッペン]の新定番、「HALF-YEN(ハーフイェン)」のアッパー部分をスエードにチェンジしたこちらは、重量感のある見た目に反して、ソールの返りが良く長時間の歩行をサポートしてくれる快適さが魅力。

丸みのあるクロッグ型とスエード素材のカジュアルと上品さを両立したルックスで、サンダルと革靴の中間で履くことが出来ます。春口はソックスで、夏は素足と履き方を変えて活躍しそうな新定番です。

アイテム詳細
BRAND:Trippen×FilMelange(トリッペン×フィルメランジェ)
PRODUC:HALF-YEN(ハーフイェン)
PRICE:¥48,000+TAX(メンズ)、¥46,000+TAX(レディース)
SINCE(BRAND):1992年(Trippen)、2007年(FilMelange)
COUNTRY: ドイツ(Trippen)、日本(FilMelange)
SPEC(サイズ): 40/41/42/43
COLOR(展開):BLACK/SAND BEIGE
INFO:フィルメンジェ
TEL:03-6447-1107
http://filmelange.com