モノを束ねる・閉じる作業が楽々。“結ぶ”のではなく“引っかける”タイプのやじるし型ゴムバンド

edit&text_Marina Haga / styling_Yuto Inagaki / photo_Kengo Shimizu

『エバーメイド.』では、あったら便利な日用品として[オーバンド]や[ロイファー]の輪ゴムアソートをピックアップするなど、輪ゴムの利便性について解いてきましたが、“やじるしマーク”が目を引く[LABOR AND WAIT(レイバー アンド ウェイト)]のバンドも機能性とタフさを兼備しているプロダクト。

“結ぶ”のではなく“留める”ことのできるゴムなので、ペンや名刺などを整理する際にもスムーズです。

輪ゴムで何十にもプロダクトを束ねてしまうと、それをほどくのに難航することがありますが、こちらはぐるっと引っ張って矢印のような部分に引っ掛けるだけで、いわば“仮止め”のような状態をキープできる効率的なアイテム。タイトに束ねすぎてモノを傷めることがなく、スムーズにゴムを解くことが出来ます。ノートなどの文房具類をはじめ、ガジェットのコードやお菓子の袋などさまざまなニーズで活躍してくれそうです。

アイテム詳細
BRAND:LABOR AND WAIT(レイバー アンド ウェイト)
PRODUCT:RUBBER TIE BANDS NATURAL
PRICE:¥300+TAX
SINCE:1962年
COUNTRY:イギリス    
SPEC:3.5×0.5(mm) 
INFO:レイバー アンド ウェイト トウキョウ
03-6804-6448
http://bshop-inc.com