FACETASM / リブデニムジャケット

“大胆なデザインすらも定番化したデニムジャケット”

edit&text_Yukihisa Takei / styling_Takeshi Toyoshima / photo_Kengo Shimizu

インディペンデントな日本のデザイナーズブランドとして落合宏理さんが2007年に立ち上げた[FACETASM(ファセッタズム)]は、近年はコレクションの発表をパリに移したことで、東京だけではない人気を獲得しています。

[ファセッタズム]の生み出す服は、様々なカルチャーをミックスさせることで生まれる新世代感が最大の魅力。これまでのファッションの中にはなかったような大胆なアイデアが施されているものが多いです。このデニムジャケットも、オーセンティックなデザインですが、オーバーサイズのシルエット、背面から袖にかけて施されたリブ使いなど、このブランドだからこそ生まれるアイデアが盛り込まれています。

定番モデルになっているこのジャケットですが、今シーズンはウォッシュド加工を施したデニムを使用し、リブの部分に起毛加工を施したことで、新しい表情へと昇華させています。

背面から袖に向かって施されたリブ使いが最大のポイント。

アイテム詳細
BRAND:FACETASM(ファセッタズム)
PRODUCT:リブデニムジャケット
PRICE:¥58,000+TAX
SINCE(BRAND / PRODUCT):2007年(2017年〜)
COUNTRY(CITY):日本(東京)
COLOR :WASHED INDIGO
INFO:ファセッタズム
TEL:03-6447-2852