ビニール傘なのに長く使える新発明?「サエラ」の「+TIC」

edit&text_Marina Haga / styling_Akiyoshi Morita / photo_Kengo Shimizu

コンビニや電車など、さまざまな場所で買えて、同時に忘れがちなビニール傘。一説によると日本の傘の消費率は世界一と言われており、台風の後などは街中に傘が放置されている光景を目にすることもしばしば。そんな状況を改善すべく誕生したのが、渋谷の傘専門店「Caetla(サエラ)」のビニール傘「+TIC」です。

こちらは細かいボーダーが施された「カラーライン」で開くとまた異なる表情を楽しめます。

年間廃棄量が問題とされるビニール傘ですが、こちらはオールプラスティック且つリサイクル可能な素材で作れた画期的なプロダクト。金属が使われていないので錆びることがなく、壊れても生地や部材を取り替えて長く持ち続けることができるという従来のビニール傘にはない工夫が施されています。

主軸から持ち手前の一本のラインなど、特徴的な造形も評価されて、2017年には「グッドデザイン賞」を受賞。細かいボーダーやグラフィックラインにより演出されたニュアンスのある透け感は、ファッション性もあり、持っていて愛着が湧いてきそう。これで使い捨てのサイクルからも脱却できます。

アイテム詳細
BRAND:Caetla(サエラ)
PRODUC:+TIC/プラスチック
PRICE:各¥3,500+TAX
SINCE(BRAND/PRODUCT):1991年(2017年~)
COUNTRY:日本
SPEC:親骨の長さ:60cm/傘を開いた時の直径:約98cm/傘生地の素材:ポリエチレン/重量:約330g
COLOR LINE 5色(WHITE/PURPLE/BLUE/RED/GREEN)
GRAPHIC LINE 5種類(BOLD BORDER/TARTAN CHECK/GRAPH CHECK/COIN DOT/CLOUDY)
INFO:サエラ 
TEL:03-5793-8955
https://www.caetlaltd.co.jp/product/plus-tic/
https://www.caetlaltd.co.jp/