Twitter
Top
【心に働きかけるフレグランス術】ヘアメイク、松田未来さんに訊く、身に纏って心地良く感じるフレグランス[Muro Scent(ムロセンツ)]とは

【心に働きかけるフレグランス術】ヘアメイク、松田未来さんに訊く、身に纏って心地良く感じるフレグランス[Muro Scents(ムロセンツ)]とは

日々の生活に寄り添う、北欧生まれのフレグランス

 

ファッションやメイクアップと同様に印象を決める要素のひとつである、身に纏う香り。ヘアメイクアップアーティストという枠を超えて、ポジティブな美学で女性たちの心を惹きつける松田未来さんに、北欧のフレグランスブランド[Muro Scents(ムロセンツ)]を通した、香りとの付き合い方をうかがいました。

 


中南米原産の香木パロサントをベースにした香り。 フレグランスオイル ロールオン パロ ¥3,000+TAX

ムロセンツ ロールオンをカートに入れる

 


 

都会にいるからこそ、日常に自然の香りを取り入れたくなる

美容という観点のみならず、ファッションや生活にまつわる独自の哲学で、女性のナチュラルな魅力を引き出してくれる、ヘアメイクアップアーティストの松田さん。SNSを通して垣間見られる“自分を慈しむこと”を軸にした自然体なライフスタイルの通り、香りの選び方においても自分を労るための工夫がありました。

 

「クローゼットにパロサントや枕元にヒバのウッドチップを置いたりなど、家に置いているフレグランスも最近は自然の香木を選ぶようになってきました。都会にいてパソコンやスマートフォンを使ったり、仕事ではSNSやYoutubeも、撮影の時は画面をずっと見ていて1日中電磁波に触れているので、自然を感じるものや浄化作用があるものに触れると心が落ち着くんです。本当は気分転換に自然を感じられる場所に行くことができれば良いのですが、なかなか難しいので日々取り入れる香りに求めているところがあります」

 

松田未来

松田未来 / ヘアメイクアップアーティスト    大阪のヘアサロンにて美容師として勤務後、東京へ拠点を移してヘアメイクアップアーティストとしてキャリアをスタート。ファッション誌や広告、ディレクションまで幅広く活躍。最近ではYoutubeでは日常を切り取ったvlogやインスタライブでのメイク動画、ラジオまで活動の幅を広げ、独自の世界観が多くの女性から支持を得ている。

 

 

ポーチに忍ばせて“癒しの香り”を持ち歩けるムロセンツのロールオン

松田さんが日々ポーチに入れて持ち歩いているアイテムは、自らを癒したりモチベーションが上がるという視点で選んだものばかり。のどの乾燥対策で持ち歩いている[メイドオブオーガニクス]のマヌカハニー+カミツレエキスのスプレーやお守りのように眺めるだけで気分が良くなる[ラ ブーシュ ルージュ]のリップなど、メイクアップという用途を超えて心の活力になってくれるそう。中でも、自宅と同じ香りを外出先でも再現してくれる[ムロセンツ]のロールオンは、“癒しを持ち歩ける”という点で重宝しているとのことでした。

 

「これまで喫茶店など外出先で、家で使っているヒバや白檀、パロサントなどの香木の香りを見つけるとテンションが上がることがあったのですが、ロールオンでそれを毎日持ち歩いて、癒されたいときに香りを使えるというのが良いなと思います。自分の周りにいる方々も日本人にも通ずる香木の芳香が好きだという人が多いので、以前より自分の香りとして取り入れる人が増えている気がします。ギフトとしても喜ばれそうですね」

 

 

【心に働きかけるフレグランス術】ヘアメイク、松田未来さんに訊く、身に纏って心地良く感じるフレグランス[Muro Scent(ムロセンツ)]とは

松田さんが持ち歩いているポーチは自らを癒すアイテムがたくさん。(右から順に)[メイドオブオーガニクス]のマヌカハニー+カミツレエキスのスプレー、[ヘンネ・オーガニック]のリップ、パロサントの香りのする[ムロセンツ]のロールオン PALO 、[IPSA]のマスカラ、[ラ ブーシュ ルージュ]のリップ。

ムロセンツ ロールオンをカートに入れる

 

ムロセンツの香りを使って、隙間時間にリラックス

フレグランスを持ち歩くのに手軽なロールオン。松田さんに香りを塗り直すタイミングを伺うと、気持ちを切り替えたいときやホッとしたいときに、パーソナルな使い方をすると言います。

 

 

「私はタバコを吸わないですが、タバコを吸う人が一服したりコーヒーを飲んで一息つくのと同じように、ロールオンを持ち歩いて塗り直してリラックスするのはおすすめです。撮影現場では、先輩方やクライアントさんとお仕事させていただいたり、モデルさんの肌に触れたりしてどうしても気を張っていることが多いので、緊張を少しでも和らげるのに香りに力を借りたいなと思っています。私にとって自宅のフレグランスと同じく日常でも香りを持ち歩いて、ヒバやパロサント、白檀などの香木の力を借りるのは大切なことなんですよね」

 

 

【心に働きかけるフレグランス術】ヘアメイク、松田未来さんに訊く、身に纏って心地良く感じるフレグランス[Muro Scent(ムロセンツ)]とは

フレグランスオイル ロールオン キャラ(伽羅) ¥3,000+TAX

ムロセンツ ロールオンをカートに入れる

 

パロサントや白檀、ヒバなどの香木をベースに調合して生まれたのが、北欧発のオーガニックフレグランスブランド[ムロセンツ]。全部で4タイプの香りで、手首につけるとほろ苦い中性的な香木の芳香がふわっと漂います。同時に、固くなった気持ちをそっと包みこみ、心のコリをほぐしてくれるよう。仕事や家事などの限られた休息タイムに使えば、身体がすっとほぐれていく感覚を味わうことができます。

 

 

【心に働きかけるフレグランス術】ヘアメイク、松田未来さんに訊く、身に纏って心地良く感じるフレグランス[Muro Scent(ムロセンツ)]とは

フレグランスオイル ロールオン キャラ(伽羅) ¥3,000+TAX

ムロセンツ ロールオンをカートに入れる

 

4つの香りをレイヤードして、自分だけの香りに

香りを重ねることは、マイナスでなく個性を作る上でプラスに作用してくれると松田さんは話します。

 

「自分が落ち着いたり、直感で好きだと感じた香りなら、さまざまな香りが混ざり合っても何か軸があって、個性にしかならない気がします。このロールオンも、4つの香りそれぞれ香木がベースで通ずる部分があるので、香水同士をレイヤリングしても良いなと思います。いろんな香りが重なって自分オリジナルの香りができるというのが素敵だし、そこが香りの面白いところですね」


お問い合わせ /エバーメイド ショップ  0120-978-891

 

edit&text_Marina Haga / photo_Kiyono Hattori


4つの香りから選べるムロセンのロールオン

 

沈香、 青森ヒバ、桜、オレンジをミックスさせたエッセンス

【心に働きかけるフレグランス術】ヘアメイク、松田未来さんに訊く、身に纏って心地良く感じるフレグランス[Muro Scent(ムロセンツ)]とは
ムロセンツ ロールオンをカートに入れる

 

寺院での薫香として使われてきたシダーウッドがベース

【心に働きかけるフレグランス術】ヘアメイク、松田未来さんに訊く、身に纏って心地良く感じるフレグランス[Muro Scent(ムロセンツ)]とは

フレグランスオイル ロールオン バカイ  ¥3,000+TAX


ムロセンツ ロールオンをカートに入れる

 

中南米原産の香木パロサントをベースにした香り

【心に働きかけるフレグランス術】ヘアメイク、松田未来さんに訊く、身に纏って心地良く感じるフレグランス[Muro Scent(ムロセンツ)]とは

フレグランスオイル ロールオン パロ ¥3,000+TAX


ムロセンツ ロールオンをカートに入れる

 

北欧の森と大地を連想させるような深い香り

【心に働きかけるフレグランス術】ヘアメイク、松田未来さんに訊く、身に纏って心地良く感じるフレグランス[Muro Scent(ムロセンツ)]とは

フレグランスオイル ロールオン ノルディックムスク ¥3,000+TAX

ムロセンツ ロールオンをカートに入れる